長男だけに相続財産をあげたい

依頼者・関係者

相談者は、80歳の男性Aさん

相続人は、長男、長女、次女

兄弟3人の仲は悪い。

尚、妻は10年前に他界

相続財産の内訳

金融資産1.5億円

不動産1.5億円

合計3億円

相談状況・内容

Aさんは、自分の死んだ後、遺産の全てを長男に相続させたい。

その理由は、長女、次女には、結婚や家の購入資金、孫への援助なども含めてそれぞれ1億円位はお金を渡しているので、これ以上渡す必要がないとのお考えでした。

尚、これらのお金の流れについての証拠資料等は残っていなかったので真実かどうかは不明でした。

また、長女と次女はAさんに非常に感謝しており、相続発生時には、遺産分割については何も言うはずがないと思い込んでいる感じでした。

ただ、別の日に長男さんも含めてお話を伺ったところ、Aさんの思いとは裏腹に揉めそうな雰囲気が犇々と伝わってきました。

尚、Aさんは、相続税(節税)の事は気にされていませんでした。

ご提案・解決方法

(1) 遺言書の作成
Aさんの思いを尊重し、まずは遺言書で長男に財産を相続させる事をご提案しました。

最初は、そんな物は必要はないと抵抗されましたが説得を続け公正証書遺言書を作成しました。

次に、Aさんは、長女と次女には1円も相続させる気は無かったのですが、遺留分(注1)について説明し、遺留分相当額を長女と次女に相続させる内容にしてもらいました。

(2) 遺留分対策

この時点では、長女、次女の遺留分は各々1/6で5,000万円でした。

遺留分を減らす対策として生命保険金と養子縁組を利用する事を提案しました。

① 生命保険金
生命保険金は、原則、遺留分の基礎となる財産から除かれます。

一時払いの生命保険に加入してもらい、遺留分対象の財産を減らしました。

具体的金額は、弁護士とも相談し1割程度なら問題にならないだろうという事で2,000万円の生命保険金に加入してもらいました。

尚、2,000万円は相続税の計算上も非課税(注2)となります。

② 養子縁組
次に、長男の嫁と子供3人の合計4人と養子縁組をしました。

これにより相続人が増加し、遺留分の割合が1/6→1/14となりました。

以上の対策により、当初5,000万円だった遺留分が2,100万円になりました。

尚、養子縁組に伴うリスク等もありますがご理解されたので進めました。

結果

その後、Aさんは年々弱って行き、2年後にお亡くなりになられました。

その後の遺産分割では、長女・次女とは感情的に少し揉めましたが、最終的には、遺言書のおかげで無事に遺産分割が終了しました。

Aさんの本当の思いは、長女、次女が何も言わず長男が全てを相続する事だったかもしれません。

しかし、今回の提案をしていなければ、散々争った後に、法定相続分の1億円で遺産分割になったと思いますので、Aさんの意向には添えたと思います。

参考法令他

(注1)遺留分(新民法第1042条)

一定の相続人に認められる最低限の遺産の取得分。

(注2)保険金の非課税枠(相続税法第12条)

被相続人の死亡後の遺族の生活保障等を考慮して500万円×法定相続人の数までの金額については課税されない規定.

相続事例の執筆・担当者

広島相続税相談テラス 代表
税理士:山根 謙二(やまね けんじ)
所属:中国税理士会広島東支部所属 税理士登録番号92527
住所:広島市中区八丁堀7-2 3F
お問合せ:082-222-7717
🆓0120-932-187
平日・土・日・祝 9:00~19:00