相続税についてチェックしておきたい税率と具体的な計算方法

遺産を相続することになった場合、受け取ることばかり考えるのではなく、実際の手取り金額が変わるので相続税についても確認が必要です。受け取る遺産の金額によって相続税の税率が変わるので、自分の場合の税率をチェックし、具体的な相続税を計算してみましょう。

「調べてみたけれど相続税の計算方法がわからない」と考えている方のために、詳しくご紹介します。

相続税を計算するにあたり、チェックしておかなければならないのは税率だけではありません。自分の場合は具体的にどれくらい相続税がかかるのか知りたい方のために、正しい相続税の計算方法についても解説します。特に間違いやすいポイントが理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

正しい相続税の計算方法

相続税の金額や税率について、具体的な例を交えながらご紹介します。まず、以下の表を確認してみてください。

法定相続分に応ずる
取得金額
税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

法定相続分に応ずる取得金額とは、相続する財産合計額から基礎控除を引き、その金額を法定相続分に分けた金額のことをいいます。

基礎控除額とは「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」です。法定相続分に応ずる取得金額を計算したうえで金額に応じた税率を計算し、控除額を引いたものが相続税の金額になります。

遺産の総額や自分が相続した財産の価額に上記の税率を乗じて相続税を計算すると思われている方が非常に多いので気を付けて下さい。

続いて具体的に法定相続人が一人の場合と、複数いる場合についても紹介しましょう。

法定相続人が一人の場合

例えば、遺産を相続する法定相続人が一人の場合についてです。このようなケースでは、一人しかいない法定相続人が被相続人の配偶者か否かによって計算が変わります。

配偶者のみが法定相続人となるケースとしては、亡くなった被相続人の両親がすでに他界しており、被相続人と配偶者との間に子供がいない、兄弟姉妹もいないようなケースが該当します。このように法定相続人が配偶者だった場合には、配偶者控除があるため金額の上限に関係なく相続税はかかりません。

一方、子供一人がいる夫婦で、子供が父親の遺産を相続し、母親はすでに亡くなっているとします。つまり、子供一人が法定相続人となるケースです。

仮に遺産が7,000万円あったとしましょう。ここから基礎控除額を引きます。

計算してみると、基礎控除額3,600万円を控除した3,400万円に対して相続税がかかることになります。

3,400万円に対する税率を確認してみると、税率は20%です。

3,400万円の20%なので、680万円となりました。この金額から控除額(※上記表参照)である200万円を引き、相続税の総額は480万円です。

税率は法定相続分に応ずる取得金額によって変わってくるので、間違えないように注意しましょう。法定相続人が配偶者のみか、その他の一人のみかによって変わるポイントも確認が必要です。

法定相続人が複数の場合

続いて、配偶者と子供二人など、法定相続が複数いる場合です。配偶者と子供が相続人の場合、遺産の半分を配偶者が受け取り、残りを子供の人数で割る形となります。

亡くなった被相続人が残した遺産総額が1憶円、法定相続人は配偶者である妻と二人の子供だとしましょう。基礎控除を計算すると、4,800万円(3,000万円+600万円×3)となります。

まず、遺産総額の1億円から基礎控除額である4,800万円を引きましょう。すると、残りは5,200万円です。法定相続分で考えてみると、取得することになる金額は、配偶者が1/2の2,600万円となります。子供は残りの2,600万円を人数分で割るので、1人1,300万円です。

配偶者である妻は税率15%で、計算式は「2,600万円×15%-50万円(控除額)」となり、相続税は340万円です。

同じく子供を計算すると、一人当たり145万円となりました。

ここで出た金額は、あくまで仮の金額です。そのため、計算した相続税を合算します。その後、それぞれの取得割合に合わせて按分計算し、各個人の相続税が決定するのです。

※配偶者の税額軽減を適用した場合には、配偶者の納税額は0円

計算を間違えないように注意が必要

いかがだったでしょうか。今回は、相続税の税率や、計算方法について解説しました。遺産に対する相続税の税率や計算方法はそれほど難しい問題ではありません。

しかし、納める遺産の集計や税額の計算は複雑で、間違ってしまうと予定よりも高額な相続税に慌ててしまう可能性もあります。専門家である税理士に依頼して確実な金額を計算してもらうと良いでしょう。

尚、簡易的に相続税の金額を知りたい方は、弊所の相続税計算シュミレ-ションを利用してみてください。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事