相続税路線価とは何か、調べ方や見方のポイントをチェック

相続が発生した際、遺産の大部分を占めることになるケースが多いのが土地です。土地を相続することになった場合には土地の評価に用いる「相続税路線価」について押さえておかなければなりません。

「相続税を計算したいけれど相続税路線価に関してはよくわからない」と悩んでいる方のために、相続税路線価の詳細について説明していきます。

相続税路線価とは、相続税を計算する際に確認しなければならない道路の金額のことです。具体的にどのようにすれば調べられるのか、相続税路線価はどのように見れば良いのかなどに関してみていきましょう。

正しく理解できていないと、自分で想像していた価値と実際の価値が異なる事態になってしまう可能性もでてきます。ぜひ参考にしてみてください。

相続税路線価とは?

相続税路線価とは、土地の評価額を計算する際に使われる指標価格のことをいいます。

公表しているのは国税庁です。相続税法で土地の金額を評価する際に使われており、その年の1月1日時点の価格が公表されます。

尚、毎年7月上旬に公表されます。

例えば、相続した財産の中に土地がある場合、相続税路線価を確認して、価値を計算してみると良いでしょう。また、相続税路線価とは別にその年の地価として公表されている公示価格があります。相続税路線価は、その公示価格の約80%の金額となります。

なお、土地によっては相続税路線価が定められていない場合がありますが、その場合には、市区町村が評価している固定資産税評価額を基に計算することになります。相続税路線価が定められているかどうかは国税庁のサイトや全国地価マップなどでも確認可能です。

相続税路線価の見方

正しく理解するためにも、路線価図の見方をチェックしておきましょう。路線価図とは、道路に面している標準的な宅地に対する価格を表示したものです。

1平方メートルあたりいくらなのか価格を1,000円単位で表示しています。以下、注意すべきポイントなどをみていきしましょう。

年度

まずは相続税路線価の年度が被相続人の相続開始日の年度(被相続人の亡くなった年)かチェックしましょう。相続税路線価は、毎年変わるものなので、年度を間違えないように注意が必要になります。

毎年7月にならないと、その年度の相続税路線価が発表されないので年初にお亡くなりになった場合には7月以降でなければ正確な金額が計算出来ないのです。

地図記号

続いて地図記号の確認です。相続税路線価の上部には地図記号が掲載されています。

相続した土地がどれに該当するかによって異なる「画地調整率」が定められているので、まずは地図記号を確認しましょう。

画地調整率とは、路線価から評価額を求める際にその土地の奥行きや形状などに応じた補正を行うために使われる率のことをいいます。

アルファベット記号

相続税路線価にはアルファベットの記号が書かれています。これは、借地権割合を表すものです。尚、借地権とは、地主に地代を支払って土地を借り、その土地の上に建物を建てる権利のことです。

借地権割合とは、その土地の権利のうち、どれくらいを借地が占めているのかを示したもののことをいいます。A~Gまであり、Aが90%、Bが80%、Cが70%のように10%ずつ割合が下がり、Gになると30%となります。

相続税路線価には「200D」のような形で記載されていまして、この場合は1平方メートルあたりの路線価が20万円、借地権割合は60%です。

相続した土地を確認

いかがでしたか?今回は、相続税を正しく理解するうえで欠かせない相続税路線価はどのように見ればいいのかなどについてご紹介しました。

国税庁のホームページから確認ができるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。しかし、路線価の見方は複雑です。難しくてよく理解できない場合は税理士の力を借りてみることもおすすめします。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事