広島相続税相談テラス 6つの強み 広島相続税相談テラス 6つの強み
事前の
税務調査対策

■税務調査の現状

相続税の税務調査の対象となるのは、全体の約20%で4~5人に1人という非常に高い割合となっています。また、税務調査を受けた人の約80%が申告漏れの指摘を受けていることから、税務調査の対策を十分に行うことが必要です。

■書面添付制度とは

弊所では、質の高い相続税申告書の作成に加え、「書面添付制度」により税務調査対策を行っています。
書面添付制度とは、税理士法第33条の2に定められている税理士に与えられた権利です。具体的には、申告書を作成した税理士が、税務署が疑問に感じるような部分を、どのような資料に基づき、検討・判断したのかを書面に記載します。
簡単に言うと申告書に対する保証書みたいなものです。

■書面添付制度のメリット

①税務署が、書面添付を確認することによって調査の選定割合が下がる。

②税務署は、税務調査前に税理士に意見聴取を行い、税理士が事前に説明することにより税務調査が省略されることがあります。

弊所では、過去に税務調査が省略されたケースが何度もあります。

■総論

書面添付制度は上記の様なメリットがありますが、作成には、事務負担作成責任が税理士に問われるので、対応できる税理士事務所が少ないのが現状です。
弊所では、豊富な実績とノウハウにより書面添付制度を積極的に導入することにより高品質で適切な申告を行い、お客様に安心していただけるサービスを行っています。