相続税路線価と固定資産税路線価の違いとしておさえておくべきこと

相続税路線価と固定資産税路線価があると知り、違いがよくわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、それぞれの違いについて知りたいと考えている方のために、相続税路線価と固定資産税路線価の違いについてご紹介します。

どちらも土地価格を示すものではありますが、異なるものであるため、注意が必要です。相続税路線価と固定資産税路線価では、使われる目的が変わってきます。自分の場合はどちらを調べれば良いのか悩んでいるのであれば、相続税路線価と固定資産税路線価の違いを参考にしてみてください。

相続税路線価と固定資産税路線価の違い

どちらにも「路線価」と名前がついていますが、内容は異なります。そもそも路線価とはなにかというと、道路に接している宅地の1平方メートルあたりの評価額です。

税金関係の計算で使われることになります。活用すべき路線価を誤って計算すると全く違う金額になってしまうので注意が必要です。

それぞれどのようなもので、どういった違いがあるのかについてご紹介します。

相続税路線価

相続税路線価とは、相続税評価額を求めるために使われる評価額のことです。評価主体は国税庁で、おもに贈与税や相続税を考える際に活用されます。毎年評価されることから、価格が一年ごとに更新されるのが特徴です。

国税庁のホームページで調べられます。相続税路線価を確認したい土地を地図や住所一覧から選択し、詳細を確認しましょう。ただ、地域の中には相続税路線価が記載されていない場所があります。こういった地域は「倍率地域」と呼ばれています。詳細については国税庁が発表している財産評価基準書路線価図・評価倍率表から確認が可能です。

相続税路線価は、一般的に公示地価の80%ほどとなります。公示地価とは、国が毎年公表する標準地の価格で、公共事業の取得価格などを検討する際に参考にされます。

単純に「路線価」とだけいう場合は、一般的にこちらの相続税路線価のことをいうことが多いです。相続税について確認したい方はこちらの相続税路線価をチェックしてみてください。

固定資産税路線価

固定資産税路線価とは、固定資産税評価額を求めるための路線価です。評価主体は市町村であり、固定資産税のほか、都市計画税、登録免許税、不動産取得税などを算出する際に利用されます。

相続税路線価の場合は毎年更新されますが、固定資産税路線価の場合は3年に1度更新される形となります。価格水準は相続税路線価よりも低く、公示地価の70%ほどです。

ただし、必ずしも固定資産税路線価が公示地価の70%、相続税路線価が80%と比率が固定されているものではありません。地域によっても変わってくるので、自身の地域ではどんな形になっているか調べてみると良いでしょう。

なお、詳細については資産税課で確認が可能です。固定資産税について調べたいと考えている方は固定資産税路線価の確認が必要となります。

どちらで計算するか確認を

いかがでしたでしょうか?今回は、相続税路線価と固定資産税路線価ではどのような違いがあるのかについてご紹介しました。目的によってどちらを確認すべきかが変わります。固定資産税路線価については固定資産税で使われるものです。相続税についてお悩みなら、相続税路線価のほうを確認すれば問題ありません。

どちらについても専門的な話になってくるため、わからないことなどがあれば税理士に相談してみてはいかがでしょうか。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事