相続放棄は自分にとってのメリットを確認してからの選択が重要

故人から財産を引き継ぐことになった場合、事情によっては前向きに考えられない方もいるでしょう。そういったときに選択されているのが、相続放棄です。

相続放棄には、遺産分割協議の中で相続しない意思を伝える方法と、家庭裁判所に申請する方法があります。
特に相続ではマイナスの資産も引き継ぐことになるので、プラスの資産よりも借金のほうが多いようなケースで、よく相続放棄の検討がおこなわれます。ただ、まだどうしようか悩んでいて「相続放棄の具体的なメリットが知りたい」と考えている方のため、おさえておきたいポイントをご紹介します。

この記事を読むことによって自分に相続放棄が向いているかどうかが判断できるようになるので、参考にしてみてください。

相続放棄メリット2選

相続放棄をすることによって期待できるメリットは、大きく分けて以下の2つです。

1. 相続トラブルのリスクが減る

相続放棄によって相続トラブルに巻き込まれるリスクが減ります。相続に関して揉めているようなケースは特に有効だといえるでしょう。

ただ、遺産分割協議での放棄は話し合いが必要なので、まとまらないケースもあります。相続トラブルの可能性が高い方は相続放棄も検討してみると良いでしょう。

2. マイナスの財産を負担せずに済む

家庭裁判所に申請して行う相続放棄では、プラスの財産だけではなく、借金などマイナスの財産なども放棄できます。そのため、故人の借金などを引き継ぐ必要がありません。

遺産分割協議で相続を放棄しただけは故人の負債を免れることはできないので注意しましょう。プラスよりもマイナスの資産のほうが多い場合には相続放棄のメリットが大きいです。

具体的なメリットについてよく確認を

いかがだったでしょうか。相続放棄をすることによってどういったメリットがあるのかについてご理解いただけたかと思います。もちろん、メリットばかりではないので、デメリットについてもよく理解したうえで検討しましょう。

相続放棄をしようか、相続しようか悩んでいるのであれば税理士に相談してみるのもおすすめです。相続した場合の税金関係がよくわからない方も、専門家である税理士への相談がおすすめです。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事