相続の限定承認とは?押さえておきたい概要とメリット・デメリット

相続人は、被相続人の財産をどのように扱うか選択することができます。具体的には、単純承認・相続放棄・限定承認から選べます。単純承認は被相続人のプラスの財産・マイナスの財産をすべて承継すること、相続放棄は被相続人のすべての財産(プラスの財産・マイナスの財産)を承継しないことです。限定承認は、相続財産をどのように扱うのでしょうか。

この記事では、限定承認の全体像とメリット、デメリットなどを解説しています。以下の情報を参考にすれば、どのようなケースで選択すればよいか、いつまでに手続きを行えばよいかなどがわかるはずです。理解を深めたい方は参考にしてください。

限定承認とは何か

限定承認は、被相続人のプラスの財産、つまり資産の範囲内でマイナスの財産、つまり債務を承継する相続の方法です。具体的には、被相続人の債権者に対し債務を弁済して資産が残ればそれを承継します。必ず引き継ぎたい財産があるときや債務の全貌が見えないときなどに利用されています。

限定承認は、相続が始まったことを知った日から3カ月以内(この期間を熟慮期間といいます)に家庭裁判所へ申し立てて選択します。相続人が複数いる場合、期間の計算を始める日は最後の相続人が相続の開始を知った日です。申し立ては、相続人全員で行わなければなりません。

熟慮期限内に手続きを行わなかった場合、単純承認を選択したものとみなされます。前述の通り、単純承認は被相続人のすべての財産を承継する方法です。資産より債務が多い場合、思いもよらない状況になってしまうことが考えられます。

ただし、熟慮期間は、被相続人が最後に住んでいた地域を管轄する家庭裁判所へ申し立てることで延長できます。遺産の調査などに時間がかかる場合は、熟慮期間の延長を申し立てるとよいでしょう。

限定承認のメリット・デメリットをチェック

限定承認には、次のメリットとデメリットがあります。

メリット

最も大きなメリットは、プラスの財産を超える債務を負わなくて良いことです。債務超過が心配なときに適している相続の方法といえるでしょう。債務を弁済して、プラスの財産が残れば取得できるからです。

先買権が認められている点もメリットといえます。先買権は、鑑定人(家庭裁判所が専任)の評価に基づく評価額を支払うことで特定の遺産を取得できる権利です。この権利を行使すれば、守りたい財産を取得できます。

デメリット

代表的なデメリットとして、相続人全員で行わなければならない点が挙げられます。したがって、相続人間で意見が対立すると選択できません。連絡がつかない相続人がいる場合なども同様です。

手続きが難しい点もデメリットです。限定承認を選ぶと、相続人の中から選ばれた相続財産管理人などが相続財産の清算を行うことになります。具体的には、限定承認をしたことなどの公告を5~10日以内に行い、弁済などの精算手続きを進めていくことになります。専門的な知識を要するうえ、手間と時間がかかります。

検討中の方は税理士に相談

いかがでしたでしょうか?今回は、相続の限定承認について解説しました。

選択には家庭裁判所への申し立てが必要です。先買権を認められる点などは魅力ですが、専門的な知識がないと手続きを進めていくことは難しいといえます。検討している方は、税理士などに相談しましょう。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事