法定相続人にあたる人と相続順位ごとに確認すべきポイント

被相続人に財産がある場合、それは相続人が引き継ぎます。ただ、誰が受け取るのかよくわからず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

相続人になるのは亡くなった被相続人と近しい親族にあたります。

「どういった人が相続人になるのか知りたい」と考えている方のため、優先順位についてご紹介しましょう。

基本として、優先順位が高い人が相続人になります。後順位の相続人については、先順位に該当する相続人が不在のケースに限って法定相続人となるのです。

この記事を読むことによって配偶者や子ども、その他親族がどの順位になるのかがわかります。自分がどの順位にあたるのか知りたい方もぜひ参考にしてみてください。

配偶者は必ず相続人となる

まず、配偶者は必ず相続人の扱いとなります。相続人として該当するのが配偶者のみだった場合は財産のすべてを、子どもが居る場合は財産の半分を配偶者が相続します。

優先順位第1位 被相続人の子ども

被相続人と配偶者の間に子どもが居る場合、第1順位となります。例えば、子どもが4人居る場合、長男や長女だからといって優遇されることはなく、相続する割合は同じです。

配偶者が財産の半分を相続するので、その残りを子どもが相続します。子どもが4人居る場合、半分の財産のうち1/4を相続する形です。つまり1人当たり1/8となります。配偶者と同じ扱いではありますが配分が異なる点に注意しましょう。なお、法律ではこういった形で割合が決められていますが、実際には当人同士の話し合いで決めることになります。例えば、長男が被相続人の事業を受け継ぐため長男の取得割合を多くするなどのケースも多いです。

また、子どもが亡くなっているものの、その子どもに子(被相続人からみて孫)が居る場合は、孫が第1順位となります。

優先順位第2位 被相続人の直系尊属

第2位に該当するのは被相続人の実父母、養父母です。また、被相続人の実父母、養父母がすでに亡くなっている場合は祖父と祖母が第2順位に該当します。

注意点として、第2順位にあたる人が相続人になるのは、被相続人の子どもが居ない場合のみです。基本的に配偶者と優先順位第1位にあたる人が相続します。2位の順位にあたる方は、上の相続順位の方が居ない場合のみ、対象になるのがポイントです。

優先順位第3位 被相続人の兄弟・姉妹

第3位に該当するのは被相続人の兄弟・姉妹です。つまり被相続人の子ども・直系尊属が居ない場合のみ相続人になります。

また、被相続人の兄弟・姉妹が死亡している場合、甥と姪が第3順位です。

その他注意すべきポイント

注意しなければならないポイントとして、配偶者はどのような場合でも相続人になりますが、内縁の妻・夫は対象外です。婚姻届を役所に提出しており、受理されている婚姻関係にあたる相手が配偶者と考えればわかりやすいでしょう。

法定相続人に当たらない相手に遺産を相続させたい場合は、遺言を残す必要があります。また、配偶者の連れ子は第1順位には該当しません。ただ、内縁の妻との間に子どもが生まれており、被相続人が認知しているような場合には第1順位の相続権が認められます。

相続人は正しく理解を

いかがだったでしょうか。相続人の優先順位などについてご紹介しました。誰が相続人になるのか、自分が相続人にあたるのかがご理解いただけたかと思います。

遺産分割などに関する話し合いは相続人で行わなければなりません。順位を確認し、トラブルのない遺産分割を目指しましょう。相続税などについてよく検討したいのであれば、税理士に相談するのがおすすめです。税金対策も含めて相談してみましょう。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

 

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事