財産放棄(遺産放棄)とは?相続放棄の違いと気をつけるべきこと

故人の財産は、プラスのものもマイナスのものも相続人に相続される形となります。ですが、相続したくない財産がある場合は、そのための申請や手続きが必要です。

相続放棄や財産放棄(遺産放棄)といった方法があるのですが、それぞれどのような制度なのかご紹介しましょう。

「相続放棄と財産放棄の違いがわからない、利用にあたり注意点を知りたい」と考えている方のため、おさえておきたいポイントを解説します。この記事を読むことによって自分はどちらを選択すべきなのか、実際に制度を利用する時には何に注意すれば良いのかがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

財産放棄(遺産放棄)とは何か

財産放棄とは、受け取る権利がある財産を相続しない方法です。相続人間で行う話し合いで取り決めを行います。

遺産分割協議を行う際に遺産分割協議書と呼ばれる書類を作成するので、その書類の中に受け取らない旨を記載しましょう。相続人全員から同意をしてもらい、署名捺印をします。

財産放棄は、主に相続人同士での公平性を高めるために選択されるものです。例えば、相続人の中に生前贈与を受けていた方がいる場合、その人が財産放棄を行い、他の相続人で相続するなどの際に利用されます。

財産放棄(遺産放棄)と相続放棄の違い

財産放棄と似たものに相続放棄があります。どちらも相続を放棄することをいうのですが、手続きの方法が異なるので注意しましょう。財産放棄は相続人同士の相談で決めるものです。

遺産分割協議書は作成しますが、自分たちでも作成が可能であるためそれほど大変な作業ではありません。ただ、話し合いがこじれたような場合は、まとまるまでに時間がかかる可能性も高いです。

一方、相続放棄は家庭裁判所に申請して認めてもらう必要があります。そのため、手続きは少し複雑になるのがデメリットです。しかし、相続放棄が認められると相続人から外されるため、仮に被相続人にマイナスの資産があった場合にそれを負担する必要がなくなります。

財産放棄(遺産放棄)の注意点

財産放棄をするにあたり注意しなければならないのが、あとから他の財産が出てくるケースです。再度遺産分割協議を開いて話し合いをするのが理想ではありますが、場合によっては何度も話し合いをしなければならず、面倒に感じる場合もあるでしょう。

その場合、新しい遺産や債務が発生した際に誰が取得するのか取り決めた一文を含めておく方法もあります。しかし、ほとんど財産が無いと思って放棄したにもかかわらず、後から大きな財産が出てくるようなケースもあるので、損をしないかよく考えるようにしましょう。

前述したように、財産放棄だけではマイナスの資産に対する支払いを免れられません。支払いを免れるためには財産放棄ではなく、相続放棄で法的に相続人から外れましょう。

違いと注意点はよく確認を

いかがでしたか?相続放棄と財産放棄(遺産放棄)にはどのような違いがあるのかについてご紹介しました。

制度の概要や注意すべきポイントをご理解いただけたかと思います。どちらも相続の放棄に関する方法ではありますが、違いも多いので注意して選びましょう。

不安な方は税理士などに相談しながら検討してみるのもおすすめです。相続するにしても相続税の心配がある方も相談してみてはいかがでしょうか。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

 

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事