子供の居ない夫婦が嫁姑問題で相続の時に揉めない方法

依頼者・関係者

相談者は、広島市西区在住の50代のAさん

相続人は、妻Bさんと母親Cさん

尚、Aさん夫婦には子供がいない

相続財産の内訳

預金  2,000万円

不動産 2,000万円

 合計 4,000万円

相談状況・内容

 Aさんは、最近、体調が優れず、もしも自分に何かあった場合の相続のことが心配で相談に来られました。

 自分達夫婦には子供がいないので自分が死亡した場合の相続がどうなるのかを非常に心配されていました。

ご提案・解決方法

 まず、Aさん夫婦には子供がいない為、Aさんが死亡した場合には、母親Cさんにも相続権があることを説明しました。

 もしAさんが死亡した場合には、妻Bさんと母親Cさんが話し合いをして遺産の分割をしなければならないのです。

 その後、色々お話を伺うと嫁姑問題で、妻Bさんと母親Cさんは、非常に仲が悪くお互い口も利きたくないという関係性が分かりました。

2人の関係から遺産分割で正常な話し合いが出来ると思えなかったので、まずは、遺言書の作成を提案しました。

 遺言書がなければ、嫌な相手と話し合いを行い、まとまればいいのですが、揉めれば(今回は多分揉める)母親Cさんに法定相続分の1/3を渡さなければならないことを説明しました。

 次に、遺言書を作成しても母親Cさんには遺留分として遺産の1/6受け取る権利がある為、母親Cさんが妻Bさんを遺留分侵害額請求(注1)で、権利を主張する可能性があることも説明しました。

 遺留分は、相続人に認められた最低限の権利の為、無くすことは出来ませんが、遺留分を減らすことは出来るのでその方法を説明しました。

遺留分を減らす方法として、

 ① 生命保険への加入 

  生命保険の加入すれば、Aさんの遺産(預金)が減り、遺留分の金額を減らすことが出来るのです。

 また、妻Bさんが死亡時に受け取る保険金は、受取人固有の財産になる為、遺留分の対象となる財産にも含まれないのです。

 ➁ 生活費等を夫Aの財産から支出して財産を減らす

 現状は、共働きで生活費の一部を妻Bさんも負担していた様ですが、今後はAさんのお金を使うことにより、Aさんの財産が減り必然的に遺留分も減るからです。

結果

 後日、Aさんは、妻Bさんのことが心配なので直ぐに遺言書を作成されました。

 また、遺留分を減らす為に、生命保険にも加入され、生活費についても今後はAさんがお金を使うようにされました。

 今回のケースの様に子供がいらっしゃらない夫婦の場合には、まずはお守りだと思って遺言書の作成しましょう。

 嫌になれば後で書き直せばいいのです。

 寂しいですが嫁姑は他人同士です。

 最後に、家の親に限ってとか、家の嫁(旦那)に限って揉めないだろうと過信するのは止めましょう!

参考法令他

(注1)遺留分侵害額請求権(民法1046条)

 遺留分の侵害を受けた場合、その権利者(相続人)は侵害者(他の相続人)に金銭の請求ができる。

他の類似事例も是非ご覧ください

 妹との仲が悪いので世話になっている姪っ子に財産を相続させる方法

相続事例の執筆・担当者

広島相続税相談テラス
税理士:藤田 正則(ふじた まさのり)
所属:中国税理士会広島東支部所属 税理士登録番号109481
住所:広島市中区八丁堀7-2 3F
お問合せ:082-222-7717
🆓0120-932-187
平日・土・日・祝 9:00~19:00