相続放棄をした場合における死亡保険の生命保険金の受け取り

法定相続人だったとしても、すべての人が相続を希望するとは限りません。例えば、故人に借金があり返済を免れたい、遺産相続関係のトラブルを避けたいなどの理由から相続を放棄する方もいます。

しかし、相続を放棄したとしてもすべての財産が相続の対象外になるわけではありません。

そこで「相続を放棄しても生命保険は受け取れる?」と疑問に感じている方のため、受け取り可能か否かについて解説しましょう。

また、そもそも相続放棄とは何なのか、受け取りに関して注意しなければならないポイントはあるのかなどもご紹介します。相続を放棄している方や、放棄を検討している方は、この記事を読めば疑問が解決できるはずです。

相続放棄とは?

相続放棄とは、財産をすべて相続しないことをいいます。財産には、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、借金などマイナスの財産も含まれます。これらが両方ある場合、プラスの財産のみを選択して受け取るようなことはできません。総合した結果、借金のほうが多くなるようなときは相続を放棄するということもあります。

相続を放棄してしまえば生命保険の死亡保険金も対象外になるのではと考えてしまいますが、死亡保険金については受け取り可能です。

相続放棄しても死亡保険金を受け取ることは可能

なぜ相続を放棄しているにもかかわらず死亡保険金が受け取れるのかというと受取人の「固有財産」だからです。固有財産とは、固有の権利に基づき、遺族が取得できる財産をいいます。

一方、相続を放棄できるのは被相続人の預貯金や株式、不動産などの「相続財産」です。相続を放棄したケースにおいても固有財産ではない相続財産は対象外となります。

ただし、誰が生命保険金の受取人になっているかによって状況が変わります。
相続を放棄した人が受取人とされていたときや、相続を放棄した人が法定相続人だったときは受け取り可能です。

一方で、受取人の指定がないようなケースでは保険約款の内容によってその死亡保険金が相続財産になるかどうかが変わります。個別に確認しましょう。専門的な内容でもあるため、慎重に確認が必要です。

また、被相続人本人が生命保険の受取人になっている場合、生命保険金は被相続人の財産として扱われます。そのため、被相続人が受取人に指定されている死亡保険金を受け取った場合、相続放棄はできません。相続放棄をする予定がある方は注意しておきましょう。

非課税枠が適用されなくなる点に注意が必要

条件に該当していれば相続を放棄していても死亡保険金を受け取れます。しかし、非課税枠を利用できなくなります。

生命保険金には非課税金額が用意されているのですが、対象は相続人のみです。相続を放棄した場合は相続人ではなくなるため、生命保険金の非課税金額は適用されません。
ただし、相続税の基礎控除については適用されることとなります。

放棄しない場合と異なるポイントに注意

いかがだったでしょうか。今回は、相続を放棄した場合、死亡保険金は受け取れるのかについてご紹介しました。通常通り法定相続人として受け取るのとは異なり、非課税枠が適用されないため、注意が必要です。

できるだけ相続関係で損をしたくない、スムーズに進めたいと考えているのであれば、専門家に相談してみるのも良いでしょう。関連する手続きなども複雑なので、税理士に相談するのがおすすめです。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事