相続放棄が選択される主なケースと注意しなければならない申請期限

故人が残した財産は相続人に相続されます。しかし、必ずしも相続を行う必要があるわけではなく、相続放棄といった形で受け取らない選択肢もあるのです。中には相続放棄に関して検討しているけれど、具体的にどういったものなのかわからず悩んでいる方もいるでしょう。

そこで「相続放棄について詳しく知りたい」と考えている方のため、制度の概要や利用されるケース、申請期限についてご紹介します。この記事を読むことによって相続放棄とは何か、もしこれを選ぶときにはどのようなことに気をつける必要があるのかわかります。

相続関係で失敗したくないと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

相続放棄とは何か

相続放棄とは、その名の通り相続するための権利を放棄することをいいます。例えば「預貯金は受け取るけれど、不動産は受け取らない」といった決断ではなく、すべて受け取らないのが相続放棄です。

財産を引き継ぐとき、その中には借金などマイナスのものも含まれます。そのため、亡くなった方が借金を抱えていた場合、その借金も引き継ぐことになるのです。財産より借金が多いときは、相続放棄をしたほうが良いでしょう。放棄をするときは、裁判所に必要な書類を提出する必要があります。

なお、相続放棄は好きなタイミングでできるものではありません。相続開始を知ってから3ヶ月以内に申請が必要です。期限を過ぎると認められなくなってしまうので、十分に注意しましょう。

相続放棄はどんな場合に選択される?

相続放棄を選択するのは、おもにマイナスとなってしまう財産が多いときと、相続関係のトラブルを避けたいときです。

例えば、プラスの財産が100万円、借金が300万円あるようなケースでは、相続をすると200万円の損をしてしまうことになります。明らかに借金のほうが多い場合は相続放棄を検討することになるでしょう。

また、遺産分割協議に加わるとトラブルに巻き込まれそうな場合に相続放棄を選んでいるという方もいます。相続することになれば親族での話し合いなどが必要です。親族と疎遠だったり、関わりたくない親族がいたりするときも相続をおこなわないという選択をされることがあります。

相続放棄の注意点

何より気をつけなければならないのが、前述した期限の問題です。そのうち申請しようとしていたところ3ヶ月を過ぎてしまい、相続するしかなくなってしまうような可能性もあります。
特に、明らかに借金のほうが上回るような場合は、余裕をもって確実に相続放棄の手続きをしましょう。

それから、自分が相続を放棄することによって相続人が誰に変わるのか確認しましょう。例えば、相続人である配偶者と子がすべて相続を放棄したときは、次の順位の人に相続権が移ります。

マイナスになってしまう財産も引き継ぐことになるので、相続人となる人に対し、借金などがある場合は事情を説明しておかなければトラブルになりやすいです。

なお、生前に相続放棄はできないこと、原則として相続を放棄したら撤回できない点にも気をつける必要があります。

専門的な分野なので注意が必要

いかがだったでしょうか。相続放棄についてご紹介しました。相続放棄について考えているのであれば、期限内に忘れずに申請が必要です。

ただ、自分の場合に当てはめてみると本当に相続を放棄したほうが良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。そういった場合は専門的な知識でアドバイスしてくれる税理士に相談するのもおすすめです。期限に間に合わないかもしれないと悩んでいる方も、税理士に依頼すると良いでしょう。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事