相続放棄と財産放棄(遺産放棄)のどちらがいいか判断するポイント

相続したくない財産がある場合、相続放棄のほかに財産放棄(遺産放棄)と呼ばれる方法の選択肢があります。どちらも財産を相続しない方法ではありますが、手続きの方法や効果が変わってくるので、慎重に選択しましょう。

「自分には相続放棄と財産放棄のどちらが向いているかわからない」と悩んでいる方のため、それぞれが向いているケースについてご紹介します。この記事を読むことによって自分にとってメリットが大きいのはどちらかがわかります。注意点も含めてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

相続放棄がいいケース

相続放棄とは、本来相続人にあたる方がその権利を放棄する手続き・方法です。家庭裁判所に書類を提出し、認めてもらわなければなりません。

以下に当てはまる人は、相続放棄を選ぶべきでしょう。

  • プラスの財産よりもマイナスの財産(借金などの負債)が多い
  • 確実に法的な形で財産の相続を放棄したいと考えている

相続放棄は、主にプラスの財産よりもマイナスの財産(借金などの負債)が多いケースで選択されています。

また、財産放棄は話し合いで決まるものですが、相続放棄は法的な手続きです。そのため、手続きの手間はかかるのですが、確実に法的な形で財産の相続を放棄したいと考えている方に向いています。

中には借金が残されている可能性があるけど、金額がはっきりしないようなケースもあるでしょう。その場合は限定承認と呼ばれる選択肢もあります。

これは、あとからマイナスの財産が出てきた場合、プラスの財産の限度内で負担をする方法です。相続放棄をするのか、限定承認するのかについてはよく検討しましょう。明らかにマイナスの資産の方が多いとはっきりしている場合は相続放棄することになるはずです。

財産放棄(遺産放棄)がいいケース

財産放棄は、おもに受け取れる財産を意図的に受け取らないようにするために利用されます。

以下に当てはまる人は、財産放棄(遺産放棄)を選ぶべきでしょう。

  • 生前贈与を受けたため、相続しないことで残りの相続人と公平性を保ちたい
  • 相続人同士でしっかりと話し合いができ、遺産分割協議書を作成できる

例えば、3人いる相続人のうち、1人は生前に贈与を受けていたとしましょう。
その人も含めて3人で財産を分割する場合、生前贈与されていない2人からは不満が出てしまう可能性があります。これを避けるため、生前贈与を受けていた方が財産放棄を行い、相続しないことで残りの相続人と公平性を保つことが可能です。

財産放棄は相続放棄とは異なり、家庭裁判所への申請は必要ありません。ただ、後からトラブルなどに繋がらないように、相続人間でしっかりと話し合いを行うようにしましょう。
取り決めた内容については遺産分割協議書を作成し、それぞれが署名押印します。口頭だけだとあとから言った、言わないのトラブルになる可能性があるので、財産放棄をする場合は必ず遺産分割協議書を作成して対応したほうが良いです。

注意しなければならないこととして、遺産分割協議書で財産放棄をしたからといって故人が借金を抱えていた場合、その支払い義務まで無くなるわけではありません。たとえ遺産分割協議書の中で借金の返済を行わないと取り決めていたとしても、債権者から返済の請求が可能です。

故人に借金があり、それを負担したくない場合は財産放棄ではなく裁判所に申請をする相続放棄を検討しましょう。

状況に合わせて最適な選択肢が異なる

いかがだったでしょうか。相続放棄をしたほうが良いケースと、財産放棄(遺産放棄)をしたほうが良いケースについてご紹介しました。基本的に借金を相続したくない場合は相続放棄、相続人の公平性を高めるため財産を受け取らない場合は財産放棄となります。

専門的な部分でもあるので、どういった形が最も良いのかわからず悩んでいるのであれば、税理士などに相談してみても良いでしょう。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

 

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事