相続税はいくらから発生するのか?概算の出し方をチェック

被相続人から財産を相続することになった場合、相続税と呼ばれる税金が発生します。ですが、財産の額によっては相続税は発生しないこともあるので確認が必要です。

「自分の置かれている状況では相続税が掛かるか知りたい」と考えている方のため、いくらから掛かるのかご紹介していきます。

また、基礎控除の範囲外になってしまう場合、ある程度自分で金額を把握しておくと安心です。そこで、相続税の概算の出し方についても解説するので、参考にしてみてください。

この記事を読むことによって自分が受け取る遺産は基礎控除範囲内か、掛かる場合はいくらかがわかります。

相続税はいくらからかかるの?

相続税は、相続した財産が基礎控除額を上回ってしまったときに掛かってきます。基本的には、基礎控除額の金額は3,600万円を超えてからと覚えておくとよいです。

ただ、具体的に財産を受け取る法定相続人が何人いるのかによってこの基礎控除額が変わります。そのため、ご自身の状況に合わせて注意して考えなければなりません。

相続税の概算の出し方

具体的に金額を出すためには、まず、遺産総額をチェックしてください。遺産総額は課税価格ともいえるもので、財産的価値があるものについては、すべて対象となります。

続いて遺産総額から基礎控除を計算し、相続税を算出します。基礎控除を導き出すためには、法定相続人の数を確認しなければなりません。法定相続人とは、法律で財産を引き継ぐ人として認められた人のことをいいます。被相続人に近しい人は相続順位が高く、配偶者と血族の親族が相続人です。誰がどれくらい受け取ることになるかについても定められています。

概算の出し方をご紹介します。

1.遺産総額を確認

遺産に含まれるのは、以下のようなものです。

遺産の種類

  • 現金・預貯金
  • 有価証券
  • 不動産
  • 貴金属
  • 売掛金、商品など事業用財産
  • 著作権、特許権など各種権利

仏壇仏具、お墓などの祭祀財産は非課税財産なので基本的に相続財産には含まれません。注意しなければならないのが、借金などマイナスの財産も含まれる点です。これらを控除し、遺産総額を出しておきましょう。

2.基礎控除の計算

遺産総額から基礎控除の金額を引きます。基礎控除の計算式は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」です。この控除後の金額が課税対象となる遺産総額です。

3.仮の相続税額の計算

課税対象となる遺産総額を法定相続分で按分します。対象となる金額から以下の表を参考に相続税率をチェックしてください。

法定相続人の法定相続分 税率 控除額
1,000万円以下 10% 0万円
1,000万円超
3,000万円以下
15% 50万円
3,000万円超
5,000万円以下
20% 200万円
5,000万円超1億円以下 30% 700万円
1億円超2億円以下 40% 1,700万円
2億円超3億円以下 45% 2,700万円
3億円超6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

その後、法定相続分で按分し計算したそれぞれの仮の相続税額をすべて合算しておきます。

4.相続税の計算

合算した金額を元に実際の財産の取得割合から本来の相続税額を算出します。このように、一度相続財産を合算し、法定相続分で按分して仮の相続税を出したうえで最後に実際の相続分で按分します。

相続税は早めに確認を

いかがだったでしょうか。今回は、相続税の基礎控除額や、どのように計算すれば良いのかについてご紹介しました。自分は相続税を支払わなければならないのか、いくら掛かるのかがご理解いただけたと思います。

しかし、相続税の計算方法などを勘違いして理解してしまうと大変です。確実な金額について計算したいと考えているのであれば、税理士に相談してみてください。

広島相続税相談テラスでは、相続税で困っている・遺産分割に悩んでいる・生前贈与を検討しているあなたをサポートします。
税理士選びにお困りなら、まずは無料相談でお気軽にご相談ください!

筆者情報

氏名:山根 謙二 (やまね けんじ)
資格:税理士(税理士登録番号92527号)
行政書士(行政書士登録番号18342346号)
相続手続カウンセラ-
専門分野:相続税、事業承継
出身:広島県廿日市市
趣味:ゴルフ、旅行(海の綺麗な所)
お客様に一言:相続の事なら何でもご相談下さい

関連記事