2021年10月06日

相続手続きは自分で出来るでしょか?また自分では難しい場合には誰(専門家)に何を依頼すればよいのでしょうか?

回答

 

 相続手続きは、一般的に、その内容によって自分で出来るものと難しいものがあります。

その手続きの難易度や手続きに要する時間などから次の様に分類されます。

①  手続きの内容は簡単で時間もかからないもの

(例)死亡届、年金受給停止、世帯主変更など役所の手続

②  手続きの内容は簡単だが時間がかかるもの

(例)金融機関などの解約手続き、戸籍の収集

➂ 手続きの内容は難しいが時間はかからないもの

(例)相続放棄(限定承認)、相続登記

④ 手続きの内容が難しく時間もかかるもの

(例)財産目録の作成、相続税申告

上記の手続きは、①から④の順に難易度が上がり大変だと思います。

一般的には、①は役所関係の手続きはご自身でされる方が多いです。

次に②はお勤めの方など時間がとれない方が依頼される場合が多いです。

 最後に➂や④の手続きは、期限があり法律に基づく専門的な知識が必要になるので多くの方が依頼されると思います。

尚、手続きの料金については同じ専門家でも異なります。

また、専門家ごとに扱える業務が違うので事前に確認することをお勧めします。